おつかれいせん!
福岡市内の遊戯王勢()が自己満足をつづっていくだけのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
か細い火が心の端に灯る
強欲謙虚が有効活用できるデッキで有名なのは猫と帝。猫は偵察貪欲猫伏せ除去などハンドに加えて強いカードが多いため相性が良いです。ちなみにこちらは確定で先行に発動。偵察ダストなどばれても問題ないですし、むしろ先行前提のカードを手札に持ってきやすくできますしね。
しかし帝は構築にもよるがクロスソウル帝の関係上後攻に発動しなければならない。ワンキルなどのぶん回しと違っていかに早くパーツを加えるかが大事ではなく、むしろ相手の場に合わせたカードを拾うためターンを渡してから発動する必要があります。そしてなにより先行でクロソ帝がめくれると相手に警戒されてしまいます。

このことを考えると先行前提のカードを帝で採用する意味があまりありません。例としてはダストシュートが一番あてはまってるのかな?
結論としては同じカードでもデッキによって違う役割を持つということ。基礎的なことですが最近よく考えるようになりました。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
いかに俺が気分でカードの発動タイミングを変えていたかが分かる解説。
2010/07/07(水) 11:30:13 | URL | byTTk (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
>>TTkさん
気分も割と大事ですねーwでもひどすぎるのは勘弁、、、
2010/07/08(木) 02:01:59 | URL | byるい (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。