おつかれいせん!
福岡市内の遊戯王勢()が自己満足をつづっていくだけのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境考察
タイトルで殺人考察思い出した。
式格好いいわあ。まだ最後まで見れてないしいつか見よっかなー

まずランク付け

S なし

A+
六武 クイックジャンクドッペル

墓地BF デブリヒーロー 墓守
A-
デブダン(クド含む) ヒロビ 帝 剣闘獣 代行天使

B 旋風BF ライトロード 儀式天使

※ランクの説明

理不尽。他の追随を許さない。

デッキパワーが高く他より抜き出ている。その中でも±と三段階評価。

頑張っても地雷止まり。サイドもメインもメタ外れてる時、初見殺しとして強い。
C以下
はっきりいって論外なので記述なし


デブリダンディは安定安定言われてるけどクイックジャンクドッペルより伏せから妨害喰らうわQDWよりヴェーラークロウ食らいやすいわ触れ刺さるわでクイックジャンクドッペルより妨害がきついでしょ。まあ使ってないからなんともいえないけどパっと見そう思う。ロンファにヴェーラー撃たれたらどうすんだろあれ。


んで環境考察。
今回は六武にしときます。
六武の強みは
・シエンを代表とする制圧力を持ったシンクロ
・たまに起こる理不尽ゲー
・メインとサイドのシナジー
の3つだと思います。

まず最初は皆さん前環境で嫌と言うほど思い知らされたでしょう。しかし前環境からシエン率は下がっていません。
シエン+バックがメインからどれだけ突破しにくいか、正直状況やデッキによってはゲームエンドレベルでもあります。典型的カードパワーの暴力。
さらにパルキランドオルスまで出せるんだから万能万能。

そして二つ目の理不尽。
六武は制圧力だけじゃありませんね?皆大好き開門のお時間です。六武衆が結束して門を開くんです。
冗談はこれくらいにして、六武は門によりワンキル出来るということ。更には活人剣術というインフェルニティガンがあること。更にはアドが+される結束というドロソがあるということ。狼煙という専用凖増援があるということ。これだけ言えばもう理不尽は伝わったと思います。

さて三つ目。これが一番説明する必要があるかと。
サイドとメインのシナジーと言うのは、二つあります。
一つは自分のメインの特徴。六武は戦士族onlyなので割拠という制圧力の高いものを採用可能です。これは誰だってわかるはず。
二つ目はこちらのメインに対して相手がサイドから引っ張ってくる、あるいはメインから抜けるカードの特徴。
まず六武は裏を出さないので、出したとしてもわりと壁なのであるかどうかもわかりゃしない裏対策なんて入れる筈がありません。なので六武のドッペルゲンガー等は強いんです。
あと幽閉や場合によっては奈落がなくなる可能性があります。するとカイクウ等のメタモンスターが強く映える訳です。
そしてなんといってもシエンを除去するカードを用意しなきゃいけない為、シエンをすり抜ける"モンスター"を採用します。それはサイファーパペプラか裏から動くリバースモンスタ-。サイファーは大抵裏から動くと思います。つまり、抹殺で全部殺せます。
パペプラは割拠で一応疑似的にメタしてるしシエンが自分で処理しにくいということもあってあまり見かけません。

はい、お分かり頂けたでしょうか。六武衆こそ今環境を安定して戦える存在だといえるでしょう。


とりあえず剣での六武の相手の仕方を書いておきます。
まず一戦目。これは取れればいいな程度に考えてください。先行取れればまだなんとかなりますが、それでも六武を意識してない限り圧倒的に不利です。というか六武意識したら他勝てなくなります。

ちょっとコラムみたいに書いておくと、剣は前にも書いたとおり銀幕>幽閉だと思います。一枚しか除去できない幽閉は環境に不向きです。幽閉は剣がいないときでも除去出来ますが、そもそも剣がいないと勝てないので剣がいる前提で採用するカードがあっても結構です。戦車とか戦車とか戦車とか。
銀幕の強みは複数枚の大きいものがいても攻撃を止める、削られるライフを従来の半分以下に止められる事。更にダメステに撃てるのでデュアルスパークゴドバ等協力なフリーチェーンを避けれること。
まあ何故銀幕について書いたかというと、六武戦での銀幕は、戦車と一緒にあれば剣を裏にしシエンorパルキ攻撃ダメステ剣表→銀幕発動→シエン効果→戦車
と奈落を回避しながら除去することが出来ます。銀幕さんマジイケメン。銀幕に包まれた女の子が空から舞い降りてこねぇかな。枕は二つry

話を戻します。勝負は2戦目からです。俺は自分が後攻の場合は奈落抜きます。これはまた考えなきゃと思う。
サイド入れ替えた後は良い勝負が出来るでしょう。

最後に1つ
剣に求められるのはプレイングです。決してカードパワーでごり押すことなんてできません。
まず相手の動きからバックを呼んでベストガイザ投下のタイミングを考える。びびったり読み間違ったりしてベスト渋ると返し触れやリミリバや活人等で死ぬ可能性もあります。あと闇雲に殴らないで剣が場に絶えないよう殴るタイミングを考える。
これが大事です。この二つが出来れば剣は大丈夫だと思います。
俺も偉いことは言えませんが、そこらの剣よりは幾分マシでしょう。その位は自信あります。


次は何書こうかしらん。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。